自動車の名義と所有

自動車も持ち主と名義

トップ / 自動車も持ち主と名義

自動車と保険の情報

自動車の名義変更の手続き

自動車の所有者を変更する際には名義変更が必要となります。単純に所有者の変更をするだけではありません。加入をしている保険なども変更をしなければいけないということがあるのです。この手続きというのはかなり面倒ですし、大変なこともたくさんあります。自動車の販売業者に聞いてみるのも良いです。購入をした販売店であれば、名義変更に関わる手続きをまとめて行ってくれるということもあるので大変便利です。できるだけ早くに行っておかなければ、保険が必要となった時に厄介なこともあるので、決まった時点で早急に行う必要があるのです。

自動車取得者

持ち主がなくなった場合

自動車の所有者がなくなった場合、どんなに走らなかろうが、動かなろうが、自動車は財産とみなされます。よって、遺産相続を行わなくては名義変更はおろか、廃車にもできません。相続手続きは、通常の相続と同じで、相続権者全員の印鑑証明書と全員の実印が押された遺産分割協議書が必要となります。その他、相続者が分かる除籍証明又は原戸籍が必要となり、持ち主の本籍地の市区町村役場で取り寄せる必要があります。相続者を一人決めなければなりませんが、相続者はナンバーが現在どこなのかを確認する必要があります。ナンバーが自分の管轄ではない場合、自分の管轄の陸運局で名義変更を行い、抹消するという、転入末梢という扱いになりますので、印鑑証明書がさらに1通多くかかることも注意が必要です。