自動車購入の際の税

自動車に課せられる税

トップ / 自動車に課せられる税

自動車と保険の情報

自動車取得者に対する取得税

自動車に乗るためには、色々な課税の対象となります。毎年5月頃に請求が来る税金や車両継続検査時に掛かる車両の重量税などがあります。これらの課税には、それぞれの納付先が定められていて、国や都道府県等の各自治体へ税金を納付しています。また、車両を購入したときに発生するのが取得税です。この取得税は、各都道府県が価格が50万を超える車両の取得に対して課税するものです。近年のエコカーなどの環境に優しい自動車に対しては優遇税措置がされています。また、業界からの批判も多く消費税の増税などにも関連して、将来的には廃止される事が決定しています。

自動車取得者

自動車取得税について

自動車取得税は、取得(購入)の際に1回だけ課せられる税金で、都道府県に対して納付します。その税額は、普通車で新車の場合には取得価額の5%とされていますが、中古車であれば経過年数に対応した残価率表というものがあり、計算により一定額が取得価額から差し引かれるので、実際の購入価格とは異なります。また、取得価額が50万円以下の場合には免税となり、エコカーなどの低公害車については税額を軽減する特例措置もあります。なお、消費税率が10%にアップすることが予定されていることから、ユーザーの負担軽減のため将来的に自動車取得税は廃止される予定です。